産み分け方があるって知ってる?

男の子を産むには?

排卵日を確認

Y精子は、X精子とは反対に酸性に弱く寿命が短いため、女の子を産みたいというときとはまた違うアプローチが必要です。

排卵日は、アルカリ性の粘液のおかげで酸性が中和され、膣内の酸性度が下がります。
排卵日当日の性交渉は、男の子が生まれやすくなるということです。
子宮に到達したとしても、卵子が排卵されていないと、寿命の短さのために精子が死んでしまいます。
そのため、確実に排卵されるタイミングをしっておかなければなりません。

膣内は酸性ですから、できるだけこの部分を素早く抜け出さなくてはなりません。
すなわち、酸性であるゾーンを狭められればよいということです。
子宮までの距離が近ければ近いほど良いので、できるだけ深めに挿入し射精するようにしてもらいましょう。

反対のアプローチを

女の子を産み分けるときには、週に1度の射精が必要とおはなししましたが、男の子を産み分けたい場合は反対に、精巣を満タンにしておくほうが良いです。
男の子が産まれるために必要なY精子は、失った分だけ補充されやすいため割合としては高くなります。
必然的に、精巣が満タンであればY精子を受精させやすくなるということです。

女性は、オーガズムを感じると膣内がアルカリ性になります。
男の子を産み分けたいのであれば膣内のアルカリ性の濃度を高める必要がありますが、なかなかオーガズムを感じにくい方や、あまりアルカリ性に寄らないという方もいらっしゃいます。
この場合は、さきほどとは反対に膣内をアルカリ性に保ってくれるゼリーを使用してみてもよいかもしれません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP