産み分け方があるって知ってる?

男女の産み分けは本当にできる?

女の子を産むためには

結婚したら、多くの方は大切なパートナーとの間に子供が欲しいと思いますよね。
大切な人との子供ですから、とても大切ですし幸せなことです。

産まれてくる子供について気になることは、やはり性別なのではないでしょうか。
なんとなく上の子は女の子がいいな、なんて思うこともあるかもしれません。
しかし赤ちゃんは授かるものですから、性別が思う通りになるかなんてわかりません。

けれども、希望の性別の子供を産める可能性が高まるかもしれない方法、というのも少なからず存在します。
いわゆる産み分け方ですね。
このサイトでは、そういった子供の性別の産み分けについてご紹介していきます。
その前に、まずは性別の決まり方について見なおしておきましょう。

女性がもっている遺伝子は「XX」、男性が持っている遺伝子は「XY」です。
これらの染色体に含まれている遺伝子は、子供に遺伝します。
卵子はX、Yどちらの染色体にも対応可能ですが、精子はXとYが明確に分かれており、どちらを受精するかによって性別が決まります。
着床し受精卵になった時点で性別が決まるということですね。
X染色体の場合は女の子、Y染色体の場合は男の子が産まれます。
すなわち、希望の性別にするということは、X、Yのそれぞれの特徴を利用して精子の種類をコントロールするということなのです。

X精子は、酸性に強い、数が少ない、寿命が長い、動きが遅いといった特徴があります。
Y精子は反対に、アルカリ性に強い、数が多い、寿命が短く動きがはやいという特徴があります。

これらの特徴を踏まえた産み分けのポイントについて、これからご紹介していきます。

産み分けることは可能?

女の子がどうしても欲しい、そんなときに読んでいただきたいのがこのページです。 このページでは、女の子が産まれる可能性が高くなる方法についてご紹介していきます。 難しいことはなく、いくつかのポイントで、女の子が産まれる可能性がぐっと上がります。 興味のあるなしに関わらず、ぜひ一度読んでみて下さい。

男の子を産むには?

さて、Y精子が結びつくことで男の子が生まれるということは分かっていますが、具体的にどのようにすればよいのでしょうか。 先ほどの女の子のときと同じように、いくつかのポイントとして産み分け方をご紹介していきます。 精子の特徴を思い出しながら読んでみて下さいね。

産み分けることは良いことなのか

ここまでは産み分け方についてご紹介していきましたが、この産み分ける、ということに関して一度考えてほしいことについて最後にまとめてみました。 また、産み分けを成功させるために大切なことについてもまとめてあります。 最後の締めくくりとして、読んでみて下さい。

おすすめリンク

精子提供の問題点とは

精子提供は簡単ではありません。問題点もあります。提供の前に知っておくべきポイントは何でしょう?

TOP